どの辺から円が上がって来ているとか下降するだろうというように

外国為替取引市場としての外国為替証拠金取引(FX)に関して、考えていきます。80-9-121

FX(外国為替証拠金取引)は二種類のお金をトレードすることにより両者の差引額を儲けるとの手法です。80-10-121

二つの国の貨幣の中で生み出される差益の金額をスワップ金利といいます。80-8-121

このようなスワップ金利というのは、本来はスワップポイントと呼ばれているようです。80-7-121

FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントというのは、一日ごとに得られますけれどもその日のレートの動き方により違うとのことです。80-12-121

このような外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)を獲得することを目的に、FXの為替の取引をする方々もたくさんいます。80-16-121

スワップ金利は、FX業者ごとに違うところがあるのでできるだけ差益金額が高い取引業者を利用したい所です。80-19-121

とは言っても、スワップポイント(スワップ金利)は為替レートが変わることで一緒に変動するので注意しましょう。80-13-121

同時に、トレードをやる時には図を読めるのが必須になっています。80-18-121

図表を読み取る事で為替の変化を理解する出来るようになるようです。80-17-121

外国為替ビギナーの方が見たとしたら、何を示しているグラフ?などと疑問に思えるかと思いますがポイントを知っておけば図の読み取りが可能になるらしいです。

どの辺から円が上がって来ているとか下降するだろうというように、この時が一番円安だろうとこのグラフのおかげで判断する事が出来るようになり、為替取引を行う際には大変大事な情報となるようです。

上記の図は日本では一般的にローソク足(陰陽足)が使われるのが通常で名前のままローソクの形に似たチャートで示されているのです。

このローソク足(陰陽足)は高値と安値、また終値とか始値などを表示されていて図表はいろんな形状になるのです。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.jamiespassitoncampaign.com All Rights Reserved.