www.jamiespassitoncampaign.com

近年、成人の気管支喘息が増加しています。 成人の気管支喘息はアレルギー反応を引き起こす物質(アレルゲン)を特定する事が容易ではない場合が一般的です。 (小児喘息の再発は極めて少ない傾向です) 医療機関による検査方法はアレルギー検査と気道の状態を調べる検査があります。 アレルギー検査は血液検査と吸入誘発テストがあります。 まず血液検査によってアレルギー関連物質の調査を行います。 血液検査時に陽性反応が出た際にはアレルゲンエキスの吸入を行い、発作が起きるかを調べます(吸入誘発テスト)。 気道の状態を調べる検査には胸部エックス線検査や気道過敏性検査や喀痰検査等があります。 医療機関では、温度差のある場所へ移動した際や深夜から明け方頃に咳が出る等の発作時における症状及びアレルギー疾患又は小児喘息の既往歴、喫煙歴や職業又はペットの飼育有無等の環境等から総合的に判断が行われる事が一般的です。 成人の気管支喘息における治療には自己管理が必須です。 喘息が起きた際の日時や状況、薬の服用等に関する記録を付ける事が大切です。
Copyright © 1999 www.jamiespassitoncampaign.com All Rights Reserved.